スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR大阪三越伊勢丹百貨店おもちゃ売り場

IMG_1090_convert_20121225130309.jpg

クリスマスイブの昼下がり・・家族連れでにぎわう、おもちゃ売り場(JR大阪三越伊勢丹百貨店)で演奏しました。
木のおもちゃがたくさん並ぶ、ゆったりとしたおもちゃ売り場で、

ピタゴラスイッチ

ねこふんじゃった

マッテゾントリオソナタ1番1楽章

シングルベル

ディズニーメドレー

クリスマスメドレー

ジングルベル(みんなで一緒に)

上記のプログラムで演奏しました。

今回からFFFに新兵器「スレイベル」が加わりました。
ジングルベルやクリスマスメドレーで大活躍!!なんですよ!

_imgV.jpg



スレイベルは、一見、「お祓いの時に使う神具?」みたいな様相ですが
、本来、そり(sleigh)の先端につけるベル。

サンタさんの乗っているそりにはきっとついているはずのベル・・だと、思います。

サンタさんの服にベル=鈴が付いている、もしくは、そりをひっぱるトナカイさんベルがついている、
など、諸説ありますが、スレイベルの音は、かろやかで、目をつぶっていると、サンタさんがやってきた?みたいな気持ちになります

みためよりも、かなりずっしりしていて、大人でも片手で長い間持つのはなかなか辛いくらい。


IMG_2535_①ちびっことスレイベル_convert_20121225125712



そういうことも、体験してもらおうと、会場にこられていたお子さんに、スレイベルを持ってもらったり

もちろん、もったとたんに・・

「うわああ・・おもいなあ」と、言ってくれるあたり、かわいいね~!!

最後のジングルベルは、FFF所有の子ども用の鈴や、タンバリンを会場のみなさんに持ってもらって、
みんなで歌い、合奏しました。

会場を整えてくださったスタッフの方々に感謝申し上げます。


また、クリスマスイブというスペシャルな日に、「顔みにきたったで~」と、わたしたちのために時間を割いてきてくださった、Yちゃん母子、0くん、Iファミリー、Zさん、yomeちゃん、ろくろくご挨拶もできず、ごめんなさいね・・







クリスマスコンサート

prog_convert_20121202190411.jpg



今月は二つのクリスマスコンサートに出演させていただきます。

クリスマスコンサートの中の1コーナーを担当させてもらうのですが、

「Christmas Present from Frohe Frau Floete」というわたしたちだけのオリジナルプログラムを作成しました。

小さいお子さんとお母様の集いのクリスマスコンサートなので、
優しい、やわらかいイメージのデザインにしてみました。

演目、グループのプロフィール、最後に一緒に歌う、きよしこの夜の歌詞を載せてみると、

なにやら、本格的!?になってしまい、

これは、当日の演奏もがんばらなきゃ!と、気持ちを新たにした次第です。

本番は12月5日

もうすぐ赤ちゃんが産まれるというお母様も聴きに来てくださるとのこと。

一緒に素敵な時間が過ごせるように練習練習!!




2012最終レッスン

今年最後の先生によるレッスンが終わりました。

「今年もお世話になりました~」には、少し早い時期ですが、

年内最後のレッスン、ということで、やはり、かっこよくフィニッシュ!したいな~と、おもいつつ、

でも、自分を実力以上に見せることはできないわけで、やってきたことを実直に演奏に活かせれば御の字!!

とはいえ、曲者そろいのFFFなので、先生には、いつも指導面ではいらぬご苦労もおかけしちゃったりしているだろうな・・と、思っております。

この場をおかりして、深く深く、お詫びと感謝をお伝えいたします。

以前のFFFは、「弱弱しい音」という弱点がありまして・・
そこがものすごくコンプレックス。

コンプレックスの裏返しなのか「今のわたし、もう弱い音ちゃうねん!!」とついつい強く吹いちゃう。

それが仇となり、度を越えてしまう、突っ走っちゃうなどなどの悪癖を生み出したりもしております。

そういう現象は自覚しつつも、「以前の弱い音に戻りたくない」という気持ちが根強くあり、なんとなくジレンマ・・

ま、冷静に考えれば、強く吹くたって、やみくもに強く吹いていいわけでなく、程度ってものを自覚すればよいのですが、それがいまいちコントロールできないのがまだまだひよっこのFFFなのでした。

そういう、ひよっこなわたしたちですが、この一年、先生の我慢強いご指導のおかげで、
曲を練習していくうえで自分たちなりの

「これでええんかな?」的な事
「これはあかんやろ?」的な事

を、なんとなくつかむことができた気もしてきました。

「これでええんかな?」には、レッスン時には先生は、「うん、それでいいよ、でも、こうすると、もっとよくなる」と、指示してくださいますし、

「これはあかんやろ?」には、「それはダメ。こういう考え方で云々・・」と、はっきり新たな方向を示してくださるのでありがたいです。


自分たちでの練習中、実際、わからないものはわからないわけで、正直、白旗お手上げ状態なのですが、

「わかりませ~ん」なりの白旗の流儀っていうのでしょうか?
自分たちでの精一杯の線まではつくろう・・という気持ちが三人の中にでてきたのかもしれません。

間違ってたとしても、最後までのた打ち回ってやってみましょう~って、昭和のスポ根漫画な気持ち?


グループ練習リード担当M、冷静な分析担当のA、冷静でない分析・例え担当のG

今年はこの3つの個性が上手くかみ合い、うまく転がったな~と、思えた一年でした。


3つ並んで、AMG まるで、某欧州高級車のチューンナップバージョンのような風情ですが、

チューンナップが自己流自己満足に陥らないよう、あくまで、基本に忠実な正規品チューンナップをめざして来年もがんばろう!であります。



今年はリコーダーや音楽を通して、うれしがったり、へこんだり、力は入ったり、脱力したり、
もうだめだ~になったり
リラックスしたり、盛り上がったり、どや顔になったり、いろんな体験ができました。

来年も、今年より、「おもろい」体験をしていきたいと思います。

応援してくださったみなさま
みまもってくださったみなさま
ご指導いただきました先生

そして、家でかーちゃんたちの笛の音をちょっぴり我慢している家族に

心より感謝申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・とはいえ、ブログは年内はまだまだ続きます。

今日の練習

来週のレッスンを控え、今日は、グループレッスン。

前回のレッスンでみていただいて、チェックを受けたところ、そして、あたらしくいただいたお題、いや、ちがう、曲を自分たちのできる範囲で仕上げます・・が、いつも、「これでええんやろうか・・」の「?」マークです。

曲を楽譜通り、音符通りに吹くことは、最低限ですが、そこから先、どうすればよいか??

ということを、三人で話し合ったり、話が煮詰まっておちゃらけたり、それでも、「これでええんちゃう?」とか
納得のいく結論がでたり、でなかったり・・いろいろです。


同じ日本語を話していても、それぞれが使う言語は違うというのが人同士のコミュニケーション。

つまり、自分だけわかったように話をしては話が伝わらないわけです。

伝わらないまま、
「まあ、そんな感じでええか・・」
とか、
「こんなこといったら気ぃ悪くするかなあ・・」
とか、
「なんでわかってくれへんねんやろ」

とか、あまりないのが、FFFの特徴かもしれません。(っておもってるがわたしだけってことはないよね??)


言葉を尽くして、語りつくす!!というのが不文律とてあるせいか、
妙に、たとえ話が多い。

ここのところは、「ぬるっと、やりましょう」とか擬音の類はもちろんのこと、

ここには書ききれない、さまざまな「F流例え語」が多い。


ちなみに、ヘミオラがいまいちわかんなかったわたしにMちゃんがわかりやすくおしえてくれたのですが、
ちょっと難しい。しかし、彼女の長時間に及ぶ説明で言うことがわたしの中でなんとなく理解できて

そっか

「パンツ 食った」



「パン、作っ た」

になっちゃうってこと??

というふうに聞きかえしてみると


Mちゃん、ちょっぴり呆れながら・・

「まあ、そんな感じ」と納得してくれました。ありがとーありがとー

というわけで、互いの言語文化を尊重しつつ、威嚇しつつ、FFFの練習は今日は無駄話濃縮還元率3%くらいで
中味のこゆい練習?と相成りました・・

12月の影がちらちら見えてきて・・ああ~なんとなく年末ブルー。

年末年始、別に畳をあげての大掃除があるわけでもなく、毎日宴会三昧なわけでもないのに、
なんでこんなにブルーな気持ちになるんかねえ・・不思議~

お正月って、子どものころはもっと楽しかったよね!!

そんなこんなで来週のレッスン、がんばれわたしたち





天満音楽祭直前練習

本当は、こっそり出てこっそり演奏してこっそり帰ってくるつもりでエントリーした天満音楽祭・・

ま、多分、なんとなく自信なかったんですよね~わたしたち。
でも、やはり、ちゃんとした発表の場が欲しいし・・という気持ちもあったわけで、思い切って申し込んだ天満音楽祭。最初のスタンスは、あくまで世間様には内密に出場!でした。

が、ひょんなことから、リコーダーでお知り合いになった方々にも、FFFが出る・・ということがわかっちゃって・・

ひゃ~!!って気持ちでしたが、ま、こうなりゃコソコソ出るのも潔くないわい!
出るなら、胸張ってでましょ!って気分で、みなさまにもきちんと「わたしたち、天満音楽祭にでまーす」と告知することになりました。よろしくおねがいしまーす、って何をどうよろしくなんだか・・って突っ込み無用。

天満音楽祭公式サイト

今日は、本番前の最後の練習。
初の教会での演奏なので、自分たちの音がどんな広がりをみせるかが、ちょっと想像できない、でも
今日できることを、きちんと一つ一つやろう・・ってことで、演奏をビデオでとって、録画をチェックしたりしました。

トリルが大発生している、マッテゾンのソナタは最後、なんとなく、暴走ぎみになり、吹いてるときは気にならないものの、録画をみると、なんか、バラバラ感?が否めない・・

うむむ・・なんでやろ?
と、考え込んでいたのですが、

「そういえばさ、先生がトリルはあまりチュルチュルしなくていいから、最初の音はちゃんとしっかりだしなさいっていわれてたよね~」などと、普段ではありえない記憶たどり能力を発揮!!

そのあたりを踏まえてやってみると、をお!なにやら、さっきより、まとまったか??と、うれしげなわたしたち。

「せんせいさ~ナイスアドバイスやんな~」と、盛り上がったりするわけですが、
をいをい、先生はプロなのです。だからナイスアドバイス!とか、失礼だし・・・

と、ノリ突込みも忘れずに。

そのときどきに的確なアドバイスをいただいてるにもかかわらず、その時は

「へい!がってんだ!」みたいな顔をしてますが、それが脳に届いて、体が反応するまでに
もしかして、2週間くらいかかってるのかもしれません。
恐竜なみの反射神経なのか・・大丈夫か?わたしら・・でも、負けるな、わたしら・・Keep smile Keep 平常心!

平常心で臨んだ練習ですが、今日はことのほか、いろんなことが起こりました笑
へえ・・わたしのこのパート、ここではこんな風にほかのパートに絡んでるんか・・って今頃気が付いたんかい!的なことも多発。

ま、当日発覚するよりはよっぽどマシなんですけどね。

先生が常に指摘される、小節の頭をそろえること、小節線のおわりをそろえること、やるべきことをちゃんとやる!
などを、危うげな場所を中心に、上記の視点で再チェック!!

午前中からの練習で、空腹で死にそう!になるほど練習して、その後、
食事を挟んで再練習!!
の、つもりが、食休みがやや長引き・・ははは、あほですね。

でも、一応、食後もちゃんと練習はできました。
しかし、ことのほか、お弁当の量がおおくて

「お腹いっぱいではうまく吹けない」ということもわかりました。←あほやん

さらに、

「うっかりミスしても立ち止まらずに前に進んでれば、先に行ってしまった仲間に追いつける」
とか、

「指掛け落としちゃっても平気な顔をして吹き続けるけど、ほかのメンバーがびっくりするから、なるべく落とさないでね!」とか、

「ビデオでみると、案外メンバー間に身長差があるので、当日の靴は極端な高さのものはやめよう」
とか、

「譜面台は、べろべろ~っと広げると不細工だから、ちょっとタイトめにしましょう」とか


「ローゼンヘックの曲の後のアニーローリーは気持ちをかなり切り替えないと、ローゼンヘックの元気いっぱいムードを引きずって変な具合になる。ので、別人に変身してからやろう」とか、

「MCの内容は、キーワードだけでも、譜面台にメモしておいたほうが気分的に安心かもね」とか

「MCで万が一、とちっても、適当に突っ込むから大丈夫よ」とか

今更ながらいろんなことがわかった今日のわたしたちでした。遅いやんって突っ込みは無用!!なんでよろしく。

あ、わたくし個人的に、今日のリップグロスはなにやら吹き口が滑る感じがする!こともわかりましたよ!!

さて、明日の個人自主トレをして最後の調整!

あくまで Keep Smile Keep 平常心で過ごせますように



     
プロフィール

フローエ・フラウ・フレーテ (FFF)

Author:フローエ・フラウ・フレーテ (FFF)
フローエ・フラウ・フレーテ(FFF)は2007年結成の女性のリコーダーアンサンブルユニットです。

FFFへのコンタクトはメール

frohefraufloete@gmail.com

にてお願いいたします。

FacebookのFFFのページはこちらから

スケジュール
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。