スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン

9月後半のえ笛笛ふの日程は以前にこちらにかいたとおり・・・
で、25日のレッスンまでがようやく終了しました。

14日 メンバー三人でアンリュウでのバスリコーダー講習会に参加
15日  メンバー三人で、アンリュウでのアクアレーラコンサートを聴きにいく。
21日  メンバー練習(午前)
24日  メンバーMとGでオーケストラレッスン参加
25日  レッスン(午前)
29日  メンバー練習(午後)


ちょっと立て続けなスケジュールに、よぼよぼしそうになりつつも

ええい!気合やろ!とばかりに、なんとか迎えたのが、まずはオーケストラレッスン


今回で、私たちが参加するのは4回目?くらいでしょうか・・
ようやく、このレッスンの進め方、先生の指示されている内容が見えてきたようにおもえます。

・・実践できてるかどうかは別ですよ・・苦笑

小節の最後の音の切り方、次の小節の頭の音をそろえるためにはどうしたらよいか・・
そういうことをきっちり考えてやらなければならないんだよ・・

と、いうことを、繰り返し指導していただいてるような気がします。

もっと緻密にならねばな・・自分・・と、自戒するのでした。

さて、翌日は、え笛笛ふ(この表記が最近のメンバーでの流行です)の
アンサンブルレッスン。

10月にでる某発表の場を控え、先生に最終チェックしていただきました。

ここでもやはり、細部を緻密に・・ということに至るわけです。

緻密に・・と、考えることは、確かにしんどい作業ではあります。
でも、それを厭っていると、それより前には進めないわけで・・

吹いていて気持ちがよい・・という楽しみはなんとなく理解できてきた気がしますが、
そこにどっかり胡坐をかいてしまっては、聴き手には「なんか、ちょっとちがう?気持ち悪いぞ、この音、このリズム」に陥る可能性大ということに気が付いたりしましたが、まさに、言うは易しで、実行するのはなかなかの難儀。

というわけで、えっさほいさと、本番に向けて、最終微調整なわたしたちでした。

でも、今回初の取り組み「トリル特訓」はある程度の成果をあげ、

「よくがんばりました!」スタンプをいただけた模様です。自画自賛!
     

コメント

Secre

     
プロフィール

フローエ・フラウ・フレーテ (FFF)

Author:フローエ・フラウ・フレーテ (FFF)
フローエ・フラウ・フレーテ(FFF)は2007年結成の女性のリコーダーアンサンブルユニットです。

FFFへのコンタクトはメール

frohefraufloete@gmail.com

にてお願いいたします。

FacebookのFFFのページはこちらから

スケジュール
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。