スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012最終レッスン

今年最後の先生によるレッスンが終わりました。

「今年もお世話になりました~」には、少し早い時期ですが、

年内最後のレッスン、ということで、やはり、かっこよくフィニッシュ!したいな~と、おもいつつ、

でも、自分を実力以上に見せることはできないわけで、やってきたことを実直に演奏に活かせれば御の字!!

とはいえ、曲者そろいのFFFなので、先生には、いつも指導面ではいらぬご苦労もおかけしちゃったりしているだろうな・・と、思っております。

この場をおかりして、深く深く、お詫びと感謝をお伝えいたします。

以前のFFFは、「弱弱しい音」という弱点がありまして・・
そこがものすごくコンプレックス。

コンプレックスの裏返しなのか「今のわたし、もう弱い音ちゃうねん!!」とついつい強く吹いちゃう。

それが仇となり、度を越えてしまう、突っ走っちゃうなどなどの悪癖を生み出したりもしております。

そういう現象は自覚しつつも、「以前の弱い音に戻りたくない」という気持ちが根強くあり、なんとなくジレンマ・・

ま、冷静に考えれば、強く吹くたって、やみくもに強く吹いていいわけでなく、程度ってものを自覚すればよいのですが、それがいまいちコントロールできないのがまだまだひよっこのFFFなのでした。

そういう、ひよっこなわたしたちですが、この一年、先生の我慢強いご指導のおかげで、
曲を練習していくうえで自分たちなりの

「これでええんかな?」的な事
「これはあかんやろ?」的な事

を、なんとなくつかむことができた気もしてきました。

「これでええんかな?」には、レッスン時には先生は、「うん、それでいいよ、でも、こうすると、もっとよくなる」と、指示してくださいますし、

「これはあかんやろ?」には、「それはダメ。こういう考え方で云々・・」と、はっきり新たな方向を示してくださるのでありがたいです。


自分たちでの練習中、実際、わからないものはわからないわけで、正直、白旗お手上げ状態なのですが、

「わかりませ~ん」なりの白旗の流儀っていうのでしょうか?
自分たちでの精一杯の線まではつくろう・・という気持ちが三人の中にでてきたのかもしれません。

間違ってたとしても、最後までのた打ち回ってやってみましょう~って、昭和のスポ根漫画な気持ち?


グループ練習リード担当M、冷静な分析担当のA、冷静でない分析・例え担当のG

今年はこの3つの個性が上手くかみ合い、うまく転がったな~と、思えた一年でした。


3つ並んで、AMG まるで、某欧州高級車のチューンナップバージョンのような風情ですが、

チューンナップが自己流自己満足に陥らないよう、あくまで、基本に忠実な正規品チューンナップをめざして来年もがんばろう!であります。



今年はリコーダーや音楽を通して、うれしがったり、へこんだり、力は入ったり、脱力したり、
もうだめだ~になったり
リラックスしたり、盛り上がったり、どや顔になったり、いろんな体験ができました。

来年も、今年より、「おもろい」体験をしていきたいと思います。

応援してくださったみなさま
みまもってくださったみなさま
ご指導いただきました先生

そして、家でかーちゃんたちの笛の音をちょっぴり我慢している家族に

心より感謝申し上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・とはいえ、ブログは年内はまだまだ続きます。
スポンサーサイト
     
プロフィール

フローエ・フラウ・フレーテ (FFF)

Author:フローエ・フラウ・フレーテ (FFF)
フローエ・フラウ・フレーテ(FFF)は2007年結成の女性のリコーダーアンサンブルユニットです。

FFFへのコンタクトはメール

frohefraufloete@gmail.com

にてお願いいたします。

FacebookのFFFのページはこちらから

スケジュール
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。