スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LA NURSERY ~子供部屋V~

f4_convert_20120726155546.jpg

メンバーの一人の友人 Kさんの主宰する「音楽を楽しむ会 子供部屋」に参加してきました。
今年で開催5回目となる子供部屋は、「子供部屋のように何がでてくるかわからないわくわく!宝物のように好きなものがぎゅっと詰まった」という意味を込めて名付けられた音楽会。

Kさんのご指導されている生徒さん、ご縁のある音楽愛好家の方などによる音楽会です。

愛好家さんや学生さんがメイン・・と聞いておりましたが・・
レベル高かったですよ~
技術面はもちろん、みなさんの音楽に対するピュアな気持ちがダイレクトに伝わってきて、
あっという間に楽しい時間が過ぎていきました。


FFFにとっては、ほぼ半年ぶりかも?な発表の場で、やや緊張は否めなかったですが、
リハで、「音を出してるのに音がきこえ~ん」と、焦り気味のわたしに
メンバーのMちゃんが

「これがホール演奏っちゅーもんや!」と、なんか、星一徹モードで和ませてくれてありがと~笑

本番まで、ちょっとお茶飲みにいこうか?と、出かけた喫茶店の中でのバカ話が盛り上がったりで、
緊張とか、すっかりどこかにいってしまいました・・

今回の演奏曲は

グリーンスリーブス
A.ローゼンヘック SONGS & DANCESより
ChitChat
Together
Sweat Dreams

の合わせて4曲。
おなじみのグリーンスリーブス以外はアメリカンラテンのノリのよい曲です。

一曲目のグリーンスリーブスでは若干緊張したものの、その後のローゼンヘックのアメリカラテンっぽい曲調で自らもだんだんリラックスし、最後、笑顔でご挨拶することもできました。←これが案外、これまでできなかったわけです。

司会者のKさんが、

「いろんなリコーダー持ってきてらっしゃるので、紹介してください」
と、言われたので、調子にのってリコーダー紹介までさせていただきました。
みなさん、リコーダーの種類については興味しんしんなご様子。
あとで、ファゴットをお持ちの方に、ファゴットとの大きさの違いとかをみせてもらったり、
やっぱり、楽器好きな方々が集まってるので、面白い展開になりますね。



演奏後には、ワインパーティー、全員で演奏(手拍子・足拍子含む)するラ・クカラーチャなど、楽しい演出もいっぱい!

ワインパーティーでは立食スタイルで、出演者グループごとの交流が持たれ、
うちのメンバーのAちゃん、美しいヴァイオリン奏者の方に
「今度、一緒にテレマンやりませんか?」と誘われたりしてましたし・・

わたしたちにとって、本当によい刺激を受けることができました。
初参加なので、わたしたちの演奏がこれまでの子供部屋の雰囲気にそぐわなかったらどうしよう・・
という不安も、正直、ありましたが、みなさん温かく迎えてくださり、感謝感謝でした。



子供部屋演奏者の中には、プロを目指して勉強中の若い方から、音楽大好き!な大人まで性別年齢とにかくいろいろな方がいらっしゃいました。
みんな音楽が好きなので、普段とらわれがちな年齢や性別の枠を超えて、フレンドリーにいろんな話をすることが
でき、音楽って人同士の垣根を一瞬でとりさるのね~と実感した次第です。

Kさんのご子息の高校生のSくん、なんと、当日は陸上部の試合があり、子供部屋には試合をこなしてからの
登場。
華麗なピアノと、さらに、うっとりするようなシャープでシュアーなドラムまで聞かせていただき、
「天は二物どころか、三物、いや、男前だから、四物までもあたえちゃうのね・・」と、しみじみ思いました。



子供部屋の演奏会、来年も、ぜひFFFで参加したい催しです。

以下、子供部屋のプログラムより    出演者のお名前は省略しております

1ピアノ独奏 

平均律クラヴィーア曲集第一巻 第13番 嬰ヘ長調 J.S.バッハ 

2リコーダーアンサンブル(FFF)

グリーンスリーブス
SONGS & DANCESより(3曲) A.ローゼンヘック

3ヴァイオリン・チェロ・ピアノ

Piano Trio No.1 in D minor op49 メンデルスゾーン

4ゴスペル 11人の合唱

total praise リチャード・スモールウッド
oh happy day エドウィン・ホーキンス

5ピアノ・オーボエ・ファゴット三重奏

ピアノ・オーボエとファゴットのための三重奏曲 第二楽章・第三楽章 プーランク

6Nagara 40s(ヴォーカル・ギター・ベース・アコーディオン・ドラムス)によるバンド演奏

I've Forgotten What it was in you
To Miss Some one マリア・マッキー
Dolphin エディー・リーダー



スポンサーサイト
     
プロフィール

フローエ・フラウ・フレーテ (FFF)

Author:フローエ・フラウ・フレーテ (FFF)
フローエ・フラウ・フレーテ(FFF)は2007年結成の女性のリコーダーアンサンブルユニットです。

FFFへのコンタクトはメール

frohefraufloete@gmail.com

にてお願いいたします。

FacebookのFFFのページはこちらから

スケジュール
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
リンク
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。